川野です。

Googleアドセンスのアカウントは以前
無料ブログで日記程度のものを10記事ほど書いていれば
審査に通っていたのですが今は若干審査が厳しくなりました。

今は無料ブログでは審査すら受け付けてもらえません。

 

以前は無料ブログで日記程度のものでも審査通過していたのですが
今は独自ドメインは必須、そして、

何かに特化した記事の方が審査通過しやすいです。

 

ただ、若干厳しくなったとは言っても審査が通らないというわけではないので
審査が通るようにあわせて行けばいいだけのことです。

アドセンスアカウント取得は難しいわけではない。ポリシーに違反しないこと

グーグルアドセンスは広告を貼ることに
適していると認められたサイトに広告を貼る権限が与えられます。

 

アドセンスアカウント開設審査は
まずポリシーに違反しないことは大前提となります。

 

アダルト コンテンツ
個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
アルコールに関連したコンテンツ
タバコに関連したコンテンツ
ヘルスケアに関連したコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
報酬プログラムを提供するページ
不適切な表示に関連したコンテンツ
暴力的なコンテンツ
武器および兵器に関連したコンテンツ
不正行為を助長するコンテンツ
違法なコンテンツ

出典:アドセンスコンテンツポリシー

 

詳しくは上記コンテンツポリシー確認してみるとわかりますが
アドセンス申請時にはグーグルは上記のようなことを見ているのです。

 

ただ、グーグルのようなところの解説はまあわかりにくいです。汗

アドセンスのポリシーを簡単に紐解いてみると

そこで私がよくお話するのが
子供に教えることができる言葉、話かどうかを考えることです。

 

つまり、

その話題やフレーズを子供に話しても大丈夫かどうか
で判断すると審査に使う記事は作りやすくなります。

 

また、以下は大事です。

子供に与えることが出来る物かどうか?になります。

 

タイトルはもちろんですが文章を書いていると
たくさんのフレーズ(キーワード)が散りばめられるため
実はそのような適さないキーワードに自分で気がつかないことも
少なくありませんね。

 

例えばわかりやすく言うと

”プロ野球の観戦に東京ドームに行ってきた”
という内容の記事だったとします。

 

本当に行ってきたかどうかは別ですが
その記事の中で

”試合観戦中のビールは本当に最高!”

のようなフレーズもやめたほうがいいのです。

 

・アルコールに関連したコンテンツ

に該当する恐れがあり
不安要素がある言葉はできるだけ使わないことが望ましいのです。

 

アルコールに特化した記事ではありませんので
意図して書いているわけではないのですが
規約に抵触する可能性も十分にあるということですね。

 

ここでの考え方は
そもそもがアルコールに関連したコンテンツはグーグルがダメだと言っている、

ということともう一つは、
アルコールは子供には与えられないという
2つの視点を持って考えることです。

 

最初はごちゃごちゃと理解できないと思えるコチラも
それを踏まえて考えてみると、
案外なるほどなと思えるのではないでしょうか?

 

アダルト コンテンツ
個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ
アルコールに関連したコンテンツ
タバコに関連したコンテンツ
ヘルスケアに関連したコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
報酬プログラムを提供するページ
不適切な表示に関連したコンテンツ
暴力的なコンテンツ
武器および兵器に関連したコンテンツ
不正行為を助長するコンテンツ
違法なコンテンツ

出典:アドセンスコンテンツポリシー

ここで明確に書いてはいませんが
何らかの理由がある場合はともかくとして
睡眠薬を子供に与えるのはどうかと思いますよね?

じゃあ、そのフレーズは使わないことが大切なのです。

危険ドラッグおよび薬物に関連したコンテンツ

サバイバルナイフやスタンガンを子供に与えるのは危険ですよね?

武器および兵器に関連したコンテンツ

そう考えていくと
アドセンスで使わないほうがいい言葉は明確に見えてきます。

 

誹謗中傷とか暴力的だとか不正行為、犯罪行為などは
当たり前ですが絶対に書いてはいけません。

アドセンスの審査が厳しいと本気で言う人もいますが
コンテンツポリシーを理解していれば全く難しくもありません。

 

要は難しい言葉で公表されたポリシーを
認識するのが難解なだけなのです。

 

ここまでの説明でポリシーを簡単な言葉で言い換えると、

子供に与えてもいい物と言葉であるかどうかだけですから
ソコをしっかりと理解すれば何も怖いことなどありません。

 

・たばこ 麻薬・ドラッグ 酒・アルコール関係 アダルト用語 暴力
・ミリタリー・ホラー 批判・誹謗中傷 事件・犯罪

このようなものを連想、イメージさせてしまう
話や単語は書かないほうがいいということです。

 

審査に落ちた場合にはポリシー違反をしていないか
見直してみることをお薦めします。

 

あと、忘れがちなものとして連絡フォームの設置ですね。

 

このブログで言うとコチラのような
ブログ運営者と連絡が取れるフォームが必須です。

 

サイドバーの目立つ箇所にリンクしておくといいですね。

 

審査が通らないとか
そもそも記事が書けないという全般はこの記事で解決!


Googleアドセンス審査に通らない記事と受かる記事のポイント

*アドセンスに限らず記事が書けない場合必読です。

 

アドセンス申請~取得までの全手順はコチラ

2017年(初心者用)Googleアドセンスの審査に受かる全工程

 

アドセンスで稼ぐならこちらの王道教材がお薦めです。


今更?下克上(MUGEN)レビューしたけど稼げない?

それでは、川野でした。

ご相談やお問い合わせ、ご質問や感想などあれば
遠慮なくいつでもご連絡ください。

↓ ↓ ↓
川野への連絡はコチラ

戦闘力の高い攻撃的なビジネスの進め方
↓ ↓ ↓