川野です。

アフィリエイトをやっていくうえで
文章力・ライティング力・記事コンテンツは
ペラペラなものより充実した内容の方が価値が生まれます。

それだけが重要だとは言いませんが、

読み応えのあるコンテンツを作り込むことができれば
読者に相応の価値を与えることができるわけですね。

 

読者が価値を感じてくれれば
SEO的にも結果として効果が働くので
上位表示もされやすくなるということにもつながってきます。

 

ただ、

そうは言っても誰しも最初から文章力や記事コンテンツを
充実させていけるかというと難しいと感じると思います。

 

だからこそ最初はネタの選定に力を入れ
そこから文章力・コンテンツ力を磨いていくといった
流れを汲んでいくほうがいいとも言えます


アフィリエイト超初心者が最初にハマる落とし穴

 

上記記事は読んで頂けましたか?

 

文章力・コンテンツを磨くのは
ここまでが出来る前提があって初めて意味を持ってきます。

 

文章力が乏しい記事でも実際に作って更新をしていく、
たとえ200文字でも300文字でも実際に文章を書き起こし
記事ボリュームがない状態でも書いてみる。

 

ここまでは必ずやる必要があります。

 

その上で、
どうすれば文章力を磨き記事コンテンツを膨らませていくことができるのか?

について解説していきますね。

 

誰でも出来る文章力・コンテンツ力の上達方法

ここまでの前提として
ネタを選定し200文字でも300文字でも書いている。

 

そのような状況になりますが

一番簡単なのは自分の書いた記事を
自分自身で時間を置いて読み返して分析することです。

一番効果的なのはまずは5記事ほど更新して
その5記事程度を後日読み返してみることなんですね。

 

そして、

何が不足しているのか?を分析してみるのです。

 

記事を書いている時は
200文字だろうが300文字だろうが必死で書いているのでその時は
何が不足しているのかまでは頭が回りません。

 

しかし後日、

自分が書いた記事を読み返してみると
色々なことに気が付くのです。

 

まず気が付くのは記事のコンテンツ自体が乏しいため
全く読み応えがなく面白くないという現実ですね。

記事の乏しい箇所を穴埋めをしていく

読んでいくと
〇〇について話しているのに
〇〇が何なのかという説明が全くないとか、

明らかに〇〇についての説明が乏しいといった
不足部分について穴埋めをしていくことです。

この穴埋め作業だけでもコンテンツボリュームは膨れますし
記事自体は最初より確実に充実してくるのです。

 

何が不足しているのかというのは
感性頼りの部分にもなりますが書いた当時には気づかない部分も
後で読み返すと不足箇所に気が付くということは多々あります。

 

その部分に気が付けば記事に付け足す作業をしていき
今後更新する記事についてはそれも意識した上で書いていく。

この作業を繰り返すだけでもかなり効果的です。

 

これは自分自身の完成で気づくことで
記事を膨らませていくということになりますが
自分ではわからないという場合には、

他サイトをリサーチして視野を広げいていくことが大切です。

 

他のブログではどのようなことが書いているのか

記事のネタ(キーワード)が決まれば
その記事にどのようなことを書くのかは
他サイトを参考にすることで書けないことはありません。

 

手順としては

自分が書くネタ(キーワード)で
実際に検索してみてほかのサイトがどのようなことを書いているのか?

これを把握します。

 

例えば

〇〇という芸人と〇〇という女優の不倫騒動について書いた場合

参考ブログAでは自分の記事にはなかった
・〇〇芸人の過去の女性遍歴
・〇〇女優の過去の男性遍歴

があったとすれば
それは自分の記事に盛り込む要素として捉えるのです。

 

つまりこれが不足部分になりますよね。

 

参考ブログBでは
・〇〇という芸人が最近出演していた番組について
・〇〇女優が最近出演していた番組について

の記述があればそれも盛り込める要素として捉えるのです。

 

この段階で自分のブログ記事は参考ブログAと参考ブログBの

・〇〇芸人の過去の女性遍歴
・〇〇女優の過去の男性遍歴
・〇〇という芸人が最近出演していた番組について
・〇〇女優が最近出演していた番組について

これらが盛り込める可能性が出てくるわけです。

 

あとはこの参考サイトに書いていることを
自分の言葉として記事にするわけですね。

 

つまり、

不足している要素は
自分の頭では考えつかないから不足するだけで
参考サイトを見れば思いつかないことでもリサーチできてしまうのです。

 

書けない書けないと悩んでいる人は
全部自分の感性や知識だけで書こうとしますが
それでは限界というものがあるのです。

 

これでは自分が知っていること以外は記事に出来ないのです。

 

そうではなく

記事は調べてでも書くことが大切で
この能力を身につければ書けないということはありえないのです。

 

もちろんコピペみたいなものではなく
自分の言葉として書いていくことが求められますが
コンテンツが足りないのは言い換えれば

リサーチ能力が乏しい、またはリサーチをしていない、
このように言い換えることができます。

 

記事が書けない、コンテンツボリュームが少ない
という場合にはこれらを考えてみると
自然と価値のあるブログが作れると思います。

 

こうやってどんどん経験を積んでいけば
より稼げる状態に近づいていくといった事が言えますね。

同じノウハウでも結果が出る人と出ない人が居るのはナゼ?

 

それでは、川野でした。

ご相談やお問い合わせ、ご質問や感想などあれば
遠慮なくいつでもご連絡ください。

↓ ↓ ↓
川野への連絡はコチラ

戦闘力の高い攻撃的なビジネスの進め方
↓ ↓ ↓