川野です。

副業でのアフィリエイトは
地域格差、資金格差、時間制限もないことから非常に人気のビジネスモデルです。

 

そして中でも、

初心者に稼ぎやすい手法といえばトレンドアフィリエイトになりますが
あえて私はガツガツ稼ごうとは言わず別の角度から解説しています。

トレンドアフィリエイトを初心者は絶対に実践したほうがいい理由

 

”トレンドキーワードを用いても
そのキーワードを実践者が皆使い出せば
上位表示できずにアクセスが集まらないのではないか?”

このような心配をされている方もいるようです。

 

要はトレンドアフィリは既に実践者が多く
飽和状態で稼げないのではないかという心配ですね。

 

稼ぎやすいということが色々な場所で言われているので
副業ネットビジネス初心者が手始めに
トレンドアフィリエイトを選択することは多いです。

 

そのような理由から
”既に稼げないのではないか?”と思われるかもしれません。

 

実際のところどのようなノウハウでも
参加者が100%全員稼げるといったものはないですし
稼げる人もいれば稼げない人もいるというのは事実としてあります。

 

こういうところで嘘言っても仕方ないので
トレンドアフィリでも稼げない人は稼げません。

 

ただ、稼げないという場合の多くは
そこまで真剣に取り組んでいないというのが実際のところなのです。

 

ま、

確かに芸能関係等は誰もが注目するネタなので
ライバルも多く激戦区だと言わざるをえませんね。

 

そこで上位表示出来ないことはないと思いますが
勝負するには大変になってくるのは目に見えています。

 

この記事でも少し書いていますが
トレンド=芸能記事だけではないということです。

 

上記記事でもちょっとだけ書いていますが
あらゆるジャンルに”トレンド”は存在するのです。

別角度からのトレンドアフィリエイト

ここで重要になってくるのが
トレンドの特性を活かした使い方になります。

 

Googleは専門性の高いブログを評価する傾向にありますが
ひとつのジャンルに特化して尚且つ
トレンドキーワードを扱うこともできるわけですね。

 

あらゆるジャンルにトレンドネタが存在するからこそ

例えば、

ゲームアプリだけに特化したブログの構築なら
新しいゲームアプリ名がトレンドになるのです。

 

もっと深堀していくと
ゲームに登場するキャラクターの名称なども同じですよね。

更に視野を広げてみると
必殺技の名前なんかも同じことが言えるのではないでしょうか?

 

それを考えるとあらゆるジャンルにおいて
常に新しいキーワードは出てきているのです。

 

アニメ、漫画、ドラマ、映画などなど
トレンドキーワードを使いつつもコンパクトに特化する、
このような視点でもトレンドアフィリエイトと呼べるわけですね。

 

おそらく、

飽和だとか気にする必要すらありませんよね。笑

ビジネスにライバル皆無の市場など存在しない

稼げないという人や飽和を気にする人は
このような視点すら持たずに取り組んでいるのではないか?

私はそう思わざるをえません。

 

また、

少し現実的な話をすると
『飽和状態で稼げないのではないか?』

みたいなことを

心配する人ほど何をやっても稼げないことが事実として多いです。

 

なぜならどのようなジャンルに取り組んでも
一定のライバルは存在するわけで自分が打ち勝つという気がないわけです。

 

稼げない理由をライバルのせいにすれば
どのビジネスジャンルに取り組んでも

”このビジネスモデルはライバルが多くて飽和状態だ”

このような発想から抜け出せませんよね。

 

現実にどのジャンルでもライバルは存在するのですから
転売をやってみても
”このビジネスモデルはライバルが多くて飽和状態だ”

アフィリエイトをやってみても
”このビジネスモデルはライバルが多くて飽和状態だ”

 

永遠にライバルのいない市場を探しまわらなければいけません。

 

そして現実的には
ライバルのいない市場など存在しないのですから
飽和の心配ばかりしているとかえって損をするということです。

 

もしそのような市場があったとしても
私たちのような一般の人間にはそのような情報は降りてきません。

 

それよりも自分の実力を磨いていくことを考えたほうがまだマシです。

 

そして少しでも実践したのであれば
すぐにでも情報発信に移行することをおすすめします。

主役になれるメディアを持て

 

時には失敗することもあると思いますが
ネットビジネスの一番の魅力は何度でもやり直しが効くことです。

↓ ↓ ↓
副業ネットビジネスでの失敗とリスクは怖くない

 

ぜひ取り組んでみてくださいね。

 

それでは、川野でした。

ご相談やお問い合わせ、ご質問や感想などあれば
遠慮なくいつでもご連絡ください。

↓ ↓ ↓
川野への連絡はコチラ

戦闘力の高い攻撃的なビジネスの進め方
↓ ↓ ↓