川野です。

ブログにアクセスを集めるには主にGoogleやYahoo!のような
検索エンジン経由からのキーワード検索によるものです。

 

そこで自分のブログや記事を上位表示させようと
検索エンジンから評価される施策を練るわけです。

つまり、SEO対策ですね。

そのSEO対策ですが不透明な部分が多く
現状では色々な情報が錯綜してブログ初心者が
本当に必要なものと不必要なものが区別がつかない状態です。

 

あるブログではコレが必要だと書いていて
よそのブログではコレは不必要だと書いているといった
『どれが正しいんだ』のような状況なんですよね。

 

出来るだけ上位表示させたいという気持ちから
変なSEO対策をしてしまう人もいるのですが
今回は私が意識しているSEO対策について解説します。

ブログ初心者のためのSEO基礎知識

まず、真っ先に知ってもらいたいのは
検索エンジンに上位表示されるロジックは
色々な複数の要素があり判断されているということです。

この小難しいものがそのサイトや記事を評価するかを
検索エンジンが決めている37の基準になりますが
これを見てみると。

+3や+2、または-3や-2といった加点、減点して
上位表示させるかどうかを総合的に色々な視点から判断しているのです。

 

つまり、

何かSEO対策を施したからといって
ズバっと抜けて評価されるかといえば違うってことです。

 

SEO対策をするということは
これらの要素を満たしていくことになりますが
このような複数の要素を施策することが
ブログ初心者にとって効果的な対策なのでしょうか?

ということです。

SEO対策とは攻略することなのか?

多くの人は上位表示されるためのSEO対策について
裏技を使って攻略するものという捉え方をしていますが
そもそもが攻略するようなものではないのです。

 

攻略するのなら先ほどの37の要素を理解して
全てにおいて施策をするぐらいのことをやるべきです。

ですが、

ブログである程度のお金を稼いでいる人も
このようなものを意識してSEO対策していることはありえません。

私ももちろんですがこのようなSEO対策をしているわけではなく
いかに読まれる記事を書けるかを一番に意識しているのです。

 

例えばこちらの内部要因のコンテンツクオリティ。

このコンテンツクオリティはGoogleが質の低いサイトを蹴落とすという
アップデートを度々やっている判断基準の一つですね。

2015年ぐらいに急激な順位変動が起きていると
大騒ぎになりましたがその中のひとつになります。

 

これを対策するのは機械を相手に攻略・対策するのではなく
記事タイトルと本文の内容がマッチしているかどうか?

 

そして記事の内容の質が高いかどうかです。

つまりしっかりと読者に読まれる記事かどうかという
いわば人を相手にしたSEO対策であると言うことができます。

SEO対策ではなく読み手対策を考える

先にSEO対策とは攻略するものではないと言いましたが
究極的に言えば読んでくれる人が審査していると言っても
何らおかしくないのがSEOだというのが私の認識になります。

 

例えば質が低いと思われればいくら上位表示させて
アクセスがあったとしても秒速でポチっと閉じられますし
その結果、Googleから

『このサイトは質が低いクソサイトだな』

というレッテルを貼られるわけです。

 

しっかり読まれれば滞在時間やページビューも考慮して
『このサイトはまあまあ質が高いな』

という判断に至るわけですね。

 

他も同様でこちらは外部要因ですが。

被リンクにしても自作自演のスパム的なものや
業者に依頼したような価値のない被リンクは当たり前ですが
読者にとっても全く無意味なため減点対象です。

ソーシャルにしても価値を感じればバズるわけですし
その結果プラス要因になっていくわけです。

 

こういった点も踏まえて言えることは
余計な小細工をする必要はないということです。

出来るだけ上位表示される複合キーワードを使い
タイトル付をして、その内容に見合った記事を書き続けること。

 

コレが読者の満足度を高めることになるので
結果的に一番のSEO対策となるというのが真のSEO対策です。

・質の高い記事を書けば読者から評価される
(滞在時間、ページビューなど)

・読者から評価されれば検索エンジンからの印象がよくなる

 

よって、

自然と他の要因も満たされることになり
サイト自体が強くなり上位表示されやすくなる。

ですので余計なことを考えなくてもいいのです。

初心者が唯一できるSEO対策

しいて簡単にやれることがあるとすれば
HTMLを綺麗に表示させることです。

検索エンジンは私たちが目にしている記事を
そのまま見ているわけではなくHTMLというソースとして見ています。

 

人の目に触れるときはこのように見えますが。

 

検索エンジンから見たブログはこうです。

つまり、

こういったソースが綺麗に表示されているかどうかで
判断しているものがHTMLになりますがこれは
どのテンプレートを使っているかに依存するわけです。

 

たとえブログの見栄えは良くても
このソースがぐちゃぐちゃというのはというのは
よくあることで大抵の場合は無料のテンプレートがそれです。

ブログで稼いでいる人は例外なく
何かしらの有料テンプレートを使っています。

 

無料で提供されているテンプレートは
見栄えは良いかもしれませんが無料のため、

内部的なHTMLまでを考えて作るには開発費も考慮して
決してできるようなことではありません。

 

私は賢威というテンプレートを
20000円以上出して使っていますがこのHTMLが優れているからです。

だから無料ではなく有料なわけですね。

 

しいて言うならここまで書いたことをSEO対策として意識すれば
過剰にSEO対策などを考えなくてもブログでは稼げるということです。

 

ブログ初心者でアクセスが無いと
その原因が何か他にあるのではないかと考えてしまい
変なSEO対策などに目を向けてしまいます。

 

ただ、

実際には
そこまで高度なSEO対策などしている人は
ほぼいませんし、それでもブログで稼いでいるのです。

 

それよりも記事の質を高めることであったり
継続して記事を更新することであったりの方に
めいっぱい力をいれるほうがいいですね。

 

 

そしてサイト内を出来るだけ巡回してもらう工夫と
その理由を与えて色々な記事を読んでもらうこと。

質を高めようとせずに
安易にSEO対策で解決しようとすればするほど
確実に空回りすることになりますので注意してみてください。

 

長期的にアクセスを入れる方法はコチラ

ロングテールキーワードのSEO効果

 

それでは、川野でした。

ご相談やお問い合わせ、ご質問や感想などあれば
遠慮なくいつでもご連絡ください。

↓ ↓ ↓
川野への連絡はコチラ

戦闘力の高い攻撃的なビジネスの進め方
↓ ↓ ↓