川野です。

副業ネットビジネスで成功するには
ノウハウだけではなく環境が大切というのは何度かお話してきました。

 

その中でも、

濃い時間を過ごすことはとても大切だなと感じることがよくあります。

 

コチラの記事では
私が短い時間でサクサク作業をするための秘訣を
書きましたが基本的には好きなことをするのが一番です。

 

好きなことは集中して没頭できますが
基本的に私は文章を書く事が好きなんですね。

稼げる適したジャンルは好きなジャンル

 

最初は苦手意識があって嫌いだったことも
やっている中で好きになることはありますので
瞬間的な判断をすることは出来ないと思いますが。

インプットの量や質が人によって異なる理由

嫌いなことをやるよりは
情報を取り入れるにしてもスンナリ頭に入ってきたり
何より好きなことは集中して没頭できるわけです。

 

つまり、

同じ時間でも結果的に濃い時間を過ごせるのです。

 

これはゲームとか本で考えるとわかりやすく
好きなゲームや本なんかは時間を忘れて没頭するものです。

 

私も子供の頃はゲームを何時間でもやっていました。

 

ですが同じ2時間なら2時間を勉強に充てるとなると同じように
没頭できるかというと出来なくなってしまうのです。
同じ時間でもその過ごし方が違うわけですね。

 

これが、

好きな事をやる時間と
あまり興味のない事をやる時間を消費する決定的な違いです。

インプットの量と質を高めていくには

これで何が言えるのかというと興味があるものに対しては

情報一つ見るにしても視点が変わってくるということです。

 

例えば興味があればあるほどその情報を深く知ろうとしますし
情報に対してのインプット力や量も違ってきます。

 

私は割と歴史が好きなので
豊臣秀頼がとか加藤清正がとかいった話(テレビ番組)でも
スンナリとその情報がインプットできます。

もちろん見てて面白いと感じますし
その時間を消費するにも楽しさはあっても苦にはならない。

 

ですが、

理系のようなものを見ていても
少しも面白く感じず時間を過ごすにしても苦になるわけです。

 

当然ですが積極的にインプットもできませんし
もっと深く調べて知ろうとも思えないんですね。

 

同じ1時間を過ごすにしても
興味があるかどうかだけでこれだけの違いがあるのです。

・インプット量の違い

・インプットの質の違い

 

もうこれは好きとか嫌いレベルの話なんです。

 

例えば街で車を走らせていても
自分がカッコイイなと思う車や好きな車は
何も考えなくても目に付きやすいのです。

 

次にこの車を買いたいと思う車は自然と目がいってしまいますよね。

 

でも、

興味がなければその車が走っていても目にもつかず
もはや、

あってもなくてもいいような空気のような状態。

 

じゃないでしょうか?

 

このことから
同じものを見たとしても人によって
全く景色の見え方が違ってくるということ。

好きなもの、興味があるものはインプットしやすい

私と妻が一緒に車に乗っていても
私はベルファイヤが目に付くのですが妻は
同じ景色を見ていてもベルファイヤは目に付かず
フォルクスワーゲンを見つけてしまいます。

だいぶ話が脱線していますがそういうことなんです。

 

人は興味がある物にしか
アンテナを張れないということと。

 

興味があるものに対しての
インプットの質と量は優れているという点。

 

そして、

興味があるものに時間を費やしたほうが
没頭できた上に濃い時間を過ごすことが出来る。

これはネットビジネスでも同じです。

私も今でこそ文章を書く事が好きですが
最初は苦手で好きではありませんでした。

 

やっているうちに好きになったという感じですが
まだ稼げていない人は何が好き、何が嫌いか明確にはわかりません。

 

ですのでまずは一定期間やってみることです。

 

ちょっとでも興味があればやってみるぐらいのつもり。

これぐらいの感覚がちょうどいいのではないかと思います。

 

あまりゴチャゴチャと考えたところで
やってみなければ全くわかりませんからね。

文章を書くのが苦手という理由で
避けている人も多いのですが一回やってみればいいのです。

 

ネットビジネスで結果を出すなら
少しでも濃い時間を過ごすように意識されてみてください。

 

それでは、川野でした。

ご相談やお問い合わせ、ご質問や感想などあれば
遠慮なくいつでもご連絡ください。

↓ ↓ ↓
川野への連絡はコチラ

戦闘力の高い攻撃的なビジネスの進め方
↓ ↓ ↓