川野です。

副業ネットビジネスで稼ごうという人が
全くお金を投資せずに稼ごうと思っている人も少なくありません。

 

ネット上には色々な情報が出回っていますからね。

何かをやろうと思った時には検索すれば
ある程度の解決策や作業手順などは調べればわかるのも事実です。

 

YouTubeアカウントの解説方法とかアドセンスアカウントを取得する方法など、

調べればそれなりの情報も出てくるわけです。

お金を使わない選択と使った場合の違い

こういった事から1円も投資せず
無料で全て進めてしまおうと思う人も中にはいるわけですが
中には間違った情報なんかもあったりします。

 

例えばアドセンスアカウントの取得方法なんかは
2016年以降にGoogleが頻繁に審査基準を変更していたりします。

 

つまり、それ以前に書いた記事を見つけて参考にしてしまうと
間違った情報を元に勧めてしまう可能性もあったりするわけです。

 

更に言えば、

副業で1円もかけずにネットビジネスで稼ごうと思っている人は
その情報が間違っていることに気が付く経験もないわけですから
このようなことが積み重なっていくと稼げるどころか、

とんでもない方向に進んでしまいかねません。

イチイチ調べるにしても時間がかかったうえに
その情報が正しいのかどうかも不明なのです。

 

そしてそのような情報の点と点を
自分勝手につなぎ合わせたものがその人のノウハウになってしまうのですから
それで稼げるようになるのかというと、

現実的にはかなり微妙すぎるといったところですね。

 

できることなら1円も投資せずに・・・

と、いうのが理想なのかと思いますが
素人が好き勝手に点と点をつなぎ合わせたようなもので稼げるほど甘くないです。

 

ある程度の経験を積めばこのノウハウとあのノウハウを融合して。

みたいなこともできてしまいますが

情報商材に投資をする本当の意味とは?

その一つ一つも点ではなく線として考える必要があります。

副業という貴重な時間でやっているのですから
極力無駄な時間を使ったり遠回りすることなく
正しい情報に投資してでも時間を優先したほうがいい。

こんなふうに思いますね。

 

少なくとも優良な教材は点と点だけで並べらた情報ではなく
点と点を販売者が体系化してつなぎ合わせている線のノウハウ。

 

つまりほどんどの場合はその教材に
必要なものが最初から詰まった状態で手に入れられるわけです。

お金を使う人は有利、使わない人は不自由な現実社会

お金を出さない、出せないというのは何にしても
それぐらいの質のものしか結局は手に入れることが出来ない。

ということです。

 

これは普通の社会でも全く同じです。

お金を出せる人はお金を出せない人よりも
より良いサービスを受けられるというのが私たちの日常でも当たり前です。

 

ですのでより良い生活を送ったりより良いサービスを受けるために
私たちは実際に日常生活の中でお金を投資しているわけです。

ネットビジネスでも同じことです。

 

渋滞中の道を避け信号のない道を痛快にかっ飛ばして
時間短縮をしたりストレスをより少なくするために
高速道路という有料のサービスがありますが、

これもお金を使うことで受けることが出来る恩恵です。

 

お金を使えない、使わない人は
渋滞にはまってイライラすればいいだけなのです。

 

私の友人でも、

1級建築士の資格を取得した人がいましたが
やはりお金を出して学校のようなところに通っていました。

 

これは一発で受かりたいから、だそうで
失敗すればまた1年後にしか受けることができないからです。

 

つまり時間を優先したわけです。

 

考えたら友人の取った選択は普通で
仕事なんだから
早く資格取ることを優先にするのは当たり前

そのように多くの人が思うかもしれませんが
ネットビジネスもお金を稼ぐ仕事ですが
なぜかネットビジネスではそのような意識を持っていない人が多い。笑

 

もうこの時点でお金を稼ぐ仕事とは思っていない証拠なのです。

ネットビジネスも会社と同じ意識を持つことは大切

 

日常生活では常識的に思っていること、やっていることでも
ネットビジネスになると非常識な考え方になる人が多いのです。

 

会社の仕事は効率よくやっていのが普通なのに
ネットビジネスでは効率よくやっていく事を選ばないのは
ズレた思考になっている可能性さえあると思います。

 

早く成功することをいかに最短で実現させるかを考えれば
情報には絶対に投資をしていったほうがいいということです。

 

1円も使わずに、なんてことを考えていては
いつまでたっても遠回りしている可能性があるので
ちょっと気をつけてみてください。

 

それでは川野でした。

ご相談やお問い合わせ、ご質問や感想などあれば
遠慮なくいつでもご連絡ください。

↓ ↓ ↓
川野への連絡はコチラ

戦闘力の高い攻撃的なビジネスの進め方
↓ ↓ ↓